ブログ カレンダー

« « 2014 11月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6

ケイアンドエスのブログ - 最新エントリー

 

GoProと専用ジンバルで空撮を行うとき、映像にプロペラが映りこんでしまう・・。

勿論、それはGoPro水平状態でのこと。

しかし、映りこみが無くなればそれにこしたことは無い。

そこで、カーボンファイバーでGoProをオフセット出来るプレートを製作した。

テスト飛行での結果は上々・・

しかし・・フェイスブックのお仲間から「全速で飛行した時は?」とメッセージが入った。

当社のテストではGPSモードで・・空撮モードでしか行っていなかった。

早速、テスト(検証)へ出かけることにした。

勿論、結果がNGの場合、設計変更しなければならない!

風速4-5m/s ファントムにとって、ちょっと強風・・

搭載しているGoProの設定(広角率)がワイド、ミディアム、ナローと3パターンあるので

・・フライト&映像確認を繰り返し行った。

GoProは水平状態にセット・・風に向かって全速で飛行させれば機体はかなり前傾姿勢となり・・

GoProは事実上、結構 上向きとなるので、プロペラが映りこむ可能性が高くなることが予想された。

テスト結果は・・・○ / 問題無し △/ 時々映りこむ ×/ 頻繁に映りこむ

GoPro設定 ホバリング 上空高速飛行
ワイド ×
ミディアム
ナロー

・・だった。

具体的には動画を見て判断して欲しい。

 動画で機体からの映像を三種類確認できると思うが、順番にナロー・ミディアム・ワイドである。

 
 

 

手軽に空撮を楽しめる ・・DJI社ファントム2・・多くのファンが愛用している。

しかし、「GoPro用のジンバルH3-3Dを使用したとき プロペラなどが映りこんでしまう・・何とかならないものか?」

「・・とお客さまから良く聞きます」と岩崎専務から連絡が入った。

では早速、オフセットする部品を設計しようと・・しかし ジンバルの一部が胴体に当たることを考えると30ミリ以上

前方にオフセットする必要がある。

そうなると当然、機体重心位置が相当前に出てしまうのでは!?と思った。

しかし、オリジナルのファントム2、思った以上に重心位置が後ろにあった。

早速、試作品を製作し、取り付けてみると・・わずかに重心位置が後ろになるだけ

勿論、フライトテストでも何の問題も無かった。

重心位置が機体中央から外れているとバッテリーの消耗は早くなる。

フライトタイムの差はテストしていないが、たいしたことは無いと判断し、販売する事にした。

取り付けてみると以外にも違和感は無い・・

空撮も行ってみたが、映りこみは完全に無くなった。

6/24から発売する予定である。

価格は¥3110(税込み)

ファントム2でH3-3Dカメラジンバルを使っている方専用なので、この組み合わせで空撮を楽しんでいる方はぜひお試し下さい。

詳細はK&S 電話052-243-2815 または大須ホビープラザ 電話052-263-1666

ご購入はこちらから。

 

 

 

 
 

この季節になると、「ファルコン3」は次はいつ販売されますか?
というお問い合わせが増えてきます。
2007年の発売以来、7年間がたち、現在は3代目
ファルコン3が販売されています。発売当初は、「あの速いグライダー」とお問い合わせをいただいていましたが、現在はちゃんと「ファルコン3」と呼んでいただけるようになりました。
しかも、先輩フライヤーや仲間の方たちの飛ばしているのを見て、今年は自分も挑戦するぞ!といったお話を耳にして、歴史を感じるとともに、販売し続けることへの責任も感じるようになりました。

好評発売中のファルコン3は、上級者を対象に開発されたホットランナー。
FRPボディとシャーレ工法で製作された翼を持つ美しい機体は、わずか数秒ではるか上空に消えていきます。

F5F全日本大会優勝の石川氏の監修の元、一から設計変更・・長くなった胴体と取り付け角度を変更したウイングレット(翼端の垂直部)により失速特性が大幅に向上し、ハイスピード飛行から一般的なグライダーのようなゆったりとした飛行まで・・幅広い飛行特性を実現。

さらに石川氏はこのファルコンを時速260km/hという超高速仕様セッティングで過激なフライトを行い、そのシャーレ翼の強靭さとコントロール性の高さを証明してくれました。
---石川機スペック---
<スピード仕様>
プロペラ  グラウプナー4.5x4.5
モーター  Typhoon 2W−20 Kv3400
バッテリー  サンダーパワー2250mAh 3S45C
ESC  ハッカー MASTER F5F 125A

その高速フライトの動画をご覧下さい。


《標準仕様 テクニカルデータ》
全長:750mm
翼長:1340mm
重量:840g(サンダーパワー3セル2100mAh Lipo搭載時)
使用モーター:300-600Wクラスブラシレスモーター
使用プロペラ:10x8折ペラ
使用バッテリー:2-3セル・1350-2250mAh
プロポ:5ch以上 エルロンx2サーボ・エレベータx1サーボ
※マイクロサーボ(重量9-16g トルク1.5-2kg)
スピードコントローラー:70-75A(BEC付)


この機体はスピードが出ますので、上級者を対象に販売されています。
中級者の方でワンランクアップを目指されている方!スピードが出ることを念頭に置いて周囲によく注意をしながら、挑戦してみてください。

今回、7月7日に全国発送です。

【2014F3C】東日本地区予選終了

カテゴリ : 
菅木の部屋
執筆 : 
K&S菅木 2014-6-10 16:39

 

6月7日・8日の2日間  栃木県、宇都宮RCフライングクラブ岡本飛行場でRCヘリコプターF3C日本選手権東日本地区予選が開催された。

あいにくの空模様だったが、参加した20名の選手は練習の成果を見せてくれた。

20名に対し、10名が予選通過枠と一見、低い倍率だと思うかもしれないが、この地区のレベルの高さを考えると予選通過するためには相当な腕前が必要・・

二日目(2R)、天候を考えると「中止」と思われたが、選手の熱い思いで、続行・・・無事に終了した。

東日本地区予選が終わり、審査員公表をした。

レベルが高いだけにシビアな意見となった。

動演技のコース取りと入りと抜けの高低差が気になった。

基本的に動演技は上空仮想面上で行うことが大切!

上昇下降における奥行き方向のずれが無いように注意するべきだと思った。

東日本地区予選を勝ち抜いた上位選手は本選で6位以内(シード)を狙って欲しい!

 

※訂正とお詫び・・文中の「大谷さん」  の文字が間違っていました。 「大矢さん」が正解です。

 

 
 

【2014F3C】東北地区予選終了

カテゴリ : 
菅木の部屋
執筆 : 
K&S菅木 2014-6-4 15:59

東北地区予選が終了し、「審査員の公表」をした。

つまり審査をした 感想を述べたのである。

内容を下記に記したので・・・

今週末に行われる 東日本地区予選参加の選手、また本選へ出場される選手の皆様、参考にして下さい。

1. トライアングル

ホバリング高度2Mが正確に行われていなかった。

フラッグ位置を守ることは当然、重要だが高度も同じように重要!

高いよりは低いほうに大きな減点が与えられるが、高すぎては演技のつじつまが合わなくなってしまう。

2. フラワー

上記に加え5mのRが不正確だった。

3. キャンドル・ウイズ・ディセンディング・フィリップ

この演技、正確に行えば高得点を得やすい

頂点からの降下2mが行われていない選手が多かった

4. プルバック・ウイズ・スリーハーフループス

風のせいもあるが3つのループが単なるバック飛行になってしまった選手が目立った

5. UX

センターが分かりやすいと言う事を認識してほしい

また2つのロールを確実にセンターで行ってほしい

6. オーバル・ウイズ・トラベリング・フィリップ

入りと抜けを正確に行いきれいな楕円形を描くことに気をつけてほしい

また動きながらのフィリップをセンターで行うこと

7. オポジット・ロールズ

高低さ、奥行きのずれが無いように気を使ってほしい

8. ダブルストールターン

演技全体のセンターが非常に見やすいため確実にセンターで行うこと

9. オートローテーション・ウイズ・ツー90°ターンズ

同一降下率、距離を意識し、降下点を稼ぐこと

降下姿勢で高得点を得なければヘリパット中央にきれいに着陸しても高得点にはならない。

 

 

 

 
 

製品が出来るまで

カテゴリ : 
営業部ログ
執筆 : 
K&S小川 2014-5-30 19:42
今回は、ケイアンドエスのオプション製品がどんな感じで出来上がるのかを、ナノスパイダーのプロペラガードを例にご紹介します。
 
 
まず、ある機体や状況で、どのような問題があるのか、どうしたら便利性が上がるのか、といったようなことを検討するところから始まります。
 
このナノスパイダーの場合、飛びはとても良いのに、ぶつかった時にプロペラが飛散して、どこにいったのかわからなくなってしまうことが気になりました。
 
ぶつけてしまうのは仕方の無いことですが、なるべくプロペラが取れることが無いようにするために、プロペラをガードする物を作ることにしました。
 
ここから実際に製品をイメージしていきます。
どうすればスマートに取り付けられるかなど、製品の良し悪しはこの段階で大体決まるので、開発をする菅木は大いに悩みます。
 
大体のイメージが出来上がると、大雑把にイラストにして視覚化します。
 
 
ここまでやってようやくコンピューターに向かい、3D-CADを使って図面を立ち上げます。
立ち上げた図面を、もとに試作品を製作し、OKならば製品化されます。
 
このような流れで出来上がった製品の動画をご覧下さい。
 
お求めはこちら
 

販売開始から数ヶ月、少量ながらも順調に販売されているK4-H

ほとんどが完成品となって出荷されている。

GPS装置(WayPoint  iSOD)と映像転送装置、SONY NEX7搭載ジンバル付きで、組み立て飛行調整済みで60-70万円

業務として使用するユーザーが対象となっている。

しかし、趣味でK4-Hを・・・と言う方は安価なメカを搭載し、フライトしてほしい。

たとえば、手持ちのDJI製ファントムなどのメカを搭載するとか・・

その場合、相当安価になる。

販売は開始されているとは言え・・テスト飛行は相変わらず続いている。

この日、ファンテックで製作した折りたたみ方式に使用する中空プロペラのテストを行った。

折りたたみ式プロペラ(ラジコンヘリのテールローターと同じ)の場合、プロペラの前後バランスが重要になる。

従って、プロペラの後縁部を中空にしてダイナミックバランスの向上をねらった。

結果、フライトノイズが少なくなった。

 これはプロペラのドラッグ(前後の動き)が良くなったことによる気流の薄利が少なくなった為だと思われる。

テスト機とは別に現在、もう一台製作している。

運動性能を更に確認するためである。

ウーコンMの設定を極端に変更し、アクロバティックなフライトを行うためである。

・・墜落覚悟で!

<テストフライトの動画>

 

 
 

【2014F3C】北陸中部地区予選終了

カテゴリ : 
菅木の部屋
執筆 : 
K&S菅木 2014-5-25 8:05

 

北陸中部地区の審査員を行い感じたこと・・・

< トライアングル>

高度7mが守られていない従って頂点から45度の降下を行うとき、2mのホバリング高度への帳尻が合わない選手がめだった

<フラワー>

この演技、すべて半径5mのRで構成されている。審査員にRを見せることが高得点へつながると思う。

<キャンドル>

高得点をゲットしやすい演技だと思う。確実にセンターで上昇下降を行い落ち着いた演技を行うこと。

入りと抜けのR、高度に注意する。

<プルバック ハーフループス>

3つのRはループの半円となる。つまりループを水平に切り取った円弧を描くこと

<UX>

45度の上昇、下降の直線の中央でロールすること。またUの字は確実にセンターでつくる

センターのずれが見やすい演技なので・・・

<オーバル ウイズ トラベリングフィリップ>

入りの半円をきれいに演技する選手は多いが抜けの半円が円弧になっていない選手が目立つ

またフィリップがセンターずれしている選手も多いので注意

<オポジットロールズ>

ロールの切り替えしは必ずセンターで行うこと

北陸中部地区予選で・・ロールが180度回りきっていない選手が多かった。

奥行き方向のずれにも要注意!

低すぎる演技はどうかと思う

<ダブルストールターン>

センターを守ること 逆宙の頂点をチェックしやすいので注意

入りと抜けの高度さが無いように

<オートローテーション>

一定降下率、同じ距離を守ること・・

スタート地点が高すぎて失敗している選手が多く見られた。

今週末は東北地区予選・・選手の皆さん 頑張ってください!

 

 

 
 

日々、 様々なマルチコプターを研究しております。

勿論、他社の良い製品も取り寄せたりと...

以前、実験しブログでも紹介した水陸両用「アクアコプター」

実験も終わり、弊社のFacebookでお譲りしますと呼びかけたところ、

いつもお世話になっているお客様の手に。

現在、このアクアコプターにご自身で手を加え存分に楽しんでいらっしゃいます!!

(『KS500』と名付けていただきました!ありがとうございます。)




動画は 迫力もあり、魚目線から鳥目線へ繋がるシーンは面白い! 


また、フライト中に水が怖く無いというのは安心。とのコメントも。
新しいジャンルとして確立していきそうです。

Y様ありがとうございました!ご紹介のご快諾もありがとうございます。
Y様に購入いただけて本当に良かったです。
また素晴らしい動画を楽しみにしております!(菅木代理 営業部)

 

 
 

 F3C日本選手権も明日から北陸中部地区予選です!昨年度、会場でも販売しておりました

世界選手権記念 日本選手団正式ロゴTシャツ

ネット販売を開始致しました!ご購入はこちら!

※Lサイズのみとなりますのでご了承ください。

 

MRHA(モデルRCヘリコプター協会)から世界選手権記念Tシャツ(¥2,500)を販売します。
このTシャツは日本選手団、国井団長の協力で日本選手団正式ロゴを使用しています。
Tシャツ販売による収益は来年、開催される世界選手権日本選手団に寄付する予定でいます。
¥2,500は高価かも知れませんが・・
RCヘリを愛する皆さん、選手たちのために是非ご協力をお願いいたします。

みなさんでF3C日本選手団の団体連覇の応援!宜しくお願い致します。

 

全国の小売店の皆様へ!!

利益はありませんが、業界発展のため是非販売をお願致します。
(小売店様への送料は弊社が負担致します)

詳しくは担当:野倉までお願致します。

 

F3C 日本選手権 地区予選会場でも販売しております。是非お求めください! 

 

 

 
 

facebook

mini heli club

ログイン

ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録