ブログ カレンダー

« « 2014 10月 » »
28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1

ケイアンドエスのブログ - 最新エントリー

【2014F3C】東北地区予選終了

カテゴリ : 
菅木の部屋
執筆 : 
K&S菅木 2014-6-4 15:59

東北地区予選が終了し、「審査員の公表」をした。

つまり審査をした 感想を述べたのである。

内容を下記に記したので・・・

今週末に行われる 東日本地区予選参加の選手、また本選へ出場される選手の皆様、参考にして下さい。

1. トライアングル

ホバリング高度2Mが正確に行われていなかった。

フラッグ位置を守ることは当然、重要だが高度も同じように重要!

高いよりは低いほうに大きな減点が与えられるが、高すぎては演技のつじつまが合わなくなってしまう。

2. フラワー

上記に加え5mのRが不正確だった。

3. キャンドル・ウイズ・ディセンディング・フィリップ

この演技、正確に行えば高得点を得やすい

頂点からの降下2mが行われていない選手が多かった

4. プルバック・ウイズ・スリーハーフループス

風のせいもあるが3つのループが単なるバック飛行になってしまった選手が目立った

5. UX

センターが分かりやすいと言う事を認識してほしい

また2つのロールを確実にセンターで行ってほしい

6. オーバル・ウイズ・トラベリング・フィリップ

入りと抜けを正確に行いきれいな楕円形を描くことに気をつけてほしい

また動きながらのフィリップをセンターで行うこと

7. オポジット・ロールズ

高低さ、奥行きのずれが無いように気を使ってほしい

8. ダブルストールターン

演技全体のセンターが非常に見やすいため確実にセンターで行うこと

9. オートローテーション・ウイズ・ツー90°ターンズ

同一降下率、距離を意識し、降下点を稼ぐこと

降下姿勢で高得点を得なければヘリパット中央にきれいに着陸しても高得点にはならない。

 

 

 

 
 

製品が出来るまで

カテゴリ : 
営業部ログ
執筆 : 
K&S小川 2014-5-30 19:42
今回は、ケイアンドエスのオプション製品がどんな感じで出来上がるのかを、ナノスパイダーのプロペラガードを例にご紹介します。
 
 
まず、ある機体や状況で、どのような問題があるのか、どうしたら便利性が上がるのか、といったようなことを検討するところから始まります。
 
このナノスパイダーの場合、飛びはとても良いのに、ぶつかった時にプロペラが飛散して、どこにいったのかわからなくなってしまうことが気になりました。
 
ぶつけてしまうのは仕方の無いことですが、なるべくプロペラが取れることが無いようにするために、プロペラをガードする物を作ることにしました。
 
ここから実際に製品をイメージしていきます。
どうすればスマートに取り付けられるかなど、製品の良し悪しはこの段階で大体決まるので、開発をする菅木は大いに悩みます。
 
大体のイメージが出来上がると、大雑把にイラストにして視覚化します。
 
 
ここまでやってようやくコンピューターに向かい、3D-CADを使って図面を立ち上げます。
立ち上げた図面を、もとに試作品を製作し、OKならば製品化されます。
 
このような流れで出来上がった製品の動画をご覧下さい。
 
お求めはこちら
 

販売開始から数ヶ月、少量ながらも順調に販売されているK4-H

ほとんどが完成品となって出荷されている。

GPS装置(WayPoint  iSOD)と映像転送装置、SONY NEX7搭載ジンバル付きで、組み立て飛行調整済みで60-70万円

業務として使用するユーザーが対象となっている。

しかし、趣味でK4-Hを・・・と言う方は安価なメカを搭載し、フライトしてほしい。

たとえば、手持ちのDJI製ファントムなどのメカを搭載するとか・・

その場合、相当安価になる。

販売は開始されているとは言え・・テスト飛行は相変わらず続いている。

この日、ファンテックで製作した折りたたみ方式に使用する中空プロペラのテストを行った。

折りたたみ式プロペラ(ラジコンヘリのテールローターと同じ)の場合、プロペラの前後バランスが重要になる。

従って、プロペラの後縁部を中空にしてダイナミックバランスの向上をねらった。

結果、フライトノイズが少なくなった。

 これはプロペラのドラッグ(前後の動き)が良くなったことによる気流の薄利が少なくなった為だと思われる。

テスト機とは別に現在、もう一台製作している。

運動性能を更に確認するためである。

ウーコンMの設定を極端に変更し、アクロバティックなフライトを行うためである。

・・墜落覚悟で!

<テストフライトの動画>

 

 
 

【2014F3C】北陸中部地区予選終了

カテゴリ : 
菅木の部屋
執筆 : 
K&S菅木 2014-5-25 8:05

 

北陸中部地区の審査員を行い感じたこと・・・

< トライアングル>

高度7mが守られていない従って頂点から45度の降下を行うとき、2mのホバリング高度への帳尻が合わない選手がめだった

<フラワー>

この演技、すべて半径5mのRで構成されている。審査員にRを見せることが高得点へつながると思う。

<キャンドル>

高得点をゲットしやすい演技だと思う。確実にセンターで上昇下降を行い落ち着いた演技を行うこと。

入りと抜けのR、高度に注意する。

<プルバック ハーフループス>

3つのRはループの半円となる。つまりループを水平に切り取った円弧を描くこと

<UX>

45度の上昇、下降の直線の中央でロールすること。またUの字は確実にセンターでつくる

センターのずれが見やすい演技なので・・・

<オーバル ウイズ トラベリングフィリップ>

入りの半円をきれいに演技する選手は多いが抜けの半円が円弧になっていない選手が目立つ

またフィリップがセンターずれしている選手も多いので注意

<オポジットロールズ>

ロールの切り替えしは必ずセンターで行うこと

北陸中部地区予選で・・ロールが180度回りきっていない選手が多かった。

奥行き方向のずれにも要注意!

低すぎる演技はどうかと思う

<ダブルストールターン>

センターを守ること 逆宙の頂点をチェックしやすいので注意

入りと抜けの高度さが無いように

<オートローテーション>

一定降下率、同じ距離を守ること・・

スタート地点が高すぎて失敗している選手が多く見られた。

今週末は東北地区予選・・選手の皆さん 頑張ってください!

 

 

 
 

日々、 様々なマルチコプターを研究しております。

勿論、他社の良い製品も取り寄せたりと...

以前、実験しブログでも紹介した水陸両用「アクアコプター」

実験も終わり、弊社のFacebookでお譲りしますと呼びかけたところ、

いつもお世話になっているお客様の手に。

現在、このアクアコプターにご自身で手を加え存分に楽しんでいらっしゃいます!!

(『KS500』と名付けていただきました!ありがとうございます。)




動画は 迫力もあり、魚目線から鳥目線へ繋がるシーンは面白い! 


また、フライト中に水が怖く無いというのは安心。とのコメントも。
新しいジャンルとして確立していきそうです。

Y様ありがとうございました!ご紹介のご快諾もありがとうございます。
Y様に購入いただけて本当に良かったです。
また素晴らしい動画を楽しみにしております!(菅木代理 営業部)

 

 
 

 F3C日本選手権も明日から北陸中部地区予選です!昨年度、会場でも販売しておりました

世界選手権記念 日本選手団正式ロゴTシャツ

ネット販売を開始致しました!ご購入はこちら!

※Lサイズのみとなりますのでご了承ください。

 

MRHA(モデルRCヘリコプター協会)から世界選手権記念Tシャツ(¥2,500)を販売します。
このTシャツは日本選手団、国井団長の協力で日本選手団正式ロゴを使用しています。
Tシャツ販売による収益は来年、開催される世界選手権日本選手団に寄付する予定でいます。
¥2,500は高価かも知れませんが・・
RCヘリを愛する皆さん、選手たちのために是非ご協力をお願いいたします。

みなさんでF3C日本選手団の団体連覇の応援!宜しくお願い致します。

 

全国の小売店の皆様へ!!

利益はありませんが、業界発展のため是非販売をお願致します。
(小売店様への送料は弊社が負担致します)

詳しくは担当:野倉までお願致します。

 

F3C 日本選手権 地区予選会場でも販売しております。是非お求めください! 

 

 

 
 

【2014F3C】関西地区予選終了

カテゴリ : 
菅木の部屋
執筆 : 
K&S菅木 2014-5-19 17:09

 

西日本地区予選を終えて、演技のポイントを理解し、演技を行ってほしい!   

トライアングル1・・45度の上昇下降角度に注意すること。頂点でのピルエットの軸ずれを最小限に・・

フラワー・・すべての動きは半径5MのRで行うこと。直線が見えてしまったら高得点は望めない。

キャンドル・・頂点から下降、1/2 プルドフィリップ(アップフィリップ)を丁寧に・・落ち着いた演技が高得点につながる。

プルバック・・同じ大きさのRと高さをそろえること・・演技のセンターが見やすいので要注意。

UX・・・・45度の上昇、下降に注意。ロールは必ずセンターで行う ロール位置が正しい選手が少ない演技!

オーバル・・・必ず楕円のセンターでプッシュドフィリップを行うこと フィリップの上下が無いように注意!

オポジットロール・・スターを遅らせない! センターでの折り返しと落ち着いたロールを心がける。

ダブルストールターン・・正確に節度を持って・・背面頂点のセンターを守ること

オートローテーション・・センターを横切る前にスタートコール! 同じ降下率と節度あるターンがきめて!接地は丁寧に!

お知らせ(日本選手権北陸中部予選実行委員会より)

今週末に福井県で行われるF3C 日本選手権北陸中部地区予選の開催スケジュールを変更いたします。

発表では5/24-25の二日間で予選を行う予定でしたが、24日(土曜)一日で行うことになりました。

受付時間は8:00と致します。

参加される選手の皆さん・・お間違えの無いようよろしくお願いいたします。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

【2014F3C】関西地区予選 初日

カテゴリ : 
営業部ログ
執筆 : 
K&S小川 2014-5-17 18:27

 今日から行われている、F3C日本選手権関西地区予選の模様です。

 

 K&S人気商品の『セーフティーバッグ』 通称 ”リポ袋”はこの度、   LLサイズ(A3サイズ)が仲間入り!

ご存知のない方のために、性能をご紹介致します。 

 

まずは実証実験を動画でご覧下さい。

 

カーボンとケプラーの不織布にアルミコーティングを施したリチウムポリマーバッテリー用耐火袋です。
リチウムポリマーバッテリーの引火の原因は水素ガスです。
この耐火袋は、ガス透過率の低い素材で出来ていますので小さな水素分子の流出を最小限に食い止めます
リチウムポリマーバッテリー保管だけではなく、充電時にも使用頂く事で、過充電による事故による火災を最小限に防ぐことが出来ます。

開発経緯は、元々市販品を購入して使用しようと思いました。試しに燃やしてみたところ、
すぐに火をだして燃えてしまいました。
安全な耐火袋はないかと、30枚近く買い求め、燃やしてみたところ...全て燃えてしまいました。
これでは耐火袋の意味がない、自社でつくろうと思い、生地探しから始まりました。
消防士の服に使用されている生地もダメで、辿り着いたのは溶鉱炉の作業員の服に使用されている生地でした。
アルミコーティングされたカーボンケプラー。
探究心から生まれたK&Sセーフティーバッグ
みなさまの安全のために、リチウムポリマーバッテリーの保管に是非ご使用ください。
 
セーフティーバッグを使用しても、リチウムポリマーバッテリーのお取り扱いには充分にお気をつけ頂き、
 ご自身での安全管理、対策を必ずおこなってください。
 
 これから暖かくなります。リチウムポリマーバッテリーのお取り扱いにはくれぐれもご注意ください!
 
お買い求めは大須ホビー又は全国の有名模型店様で!
 

 

 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

DJI S1000に使用されているコネクターを入手・・・早速、検証してみることにした。

一見して、大型コネクター・・大きな電流にも十分耐える事は確実!

更にアンチスパーク(接続時にバッシッ!とスパークしない)とくれば、コンテスト用のヘリコプターは勿論・・

マルチコプターにも安心して使用できる。

後は使い勝手となる・・・

質量の大きな金属部への半田付けは少々、コツが必要だ。

金属部の加熱が十分行き届いてから半田付けを行う。

後は金属部品をプラ製カバーにねじ込めば作業終了・・あっけなく半田作業は終了した。

ケースをねじ込めばすべてが「おおい隠される」構造となっているため熱収縮チューブは不要。

スマートで簡単・・

完成したコネクターを実際に使用してみた。

抜き差しのフィーリングは非常によい。

大きすぎるような感じもしたが、手になじむ良い大きさだった。

気に入ったのはスパークしないこと・・たぶん内部にコンデンサーが入っていると思う。

早速、新製品として販売することにした。

名称はAX150  価格は¥1200(税別)/赤黒、1セット

 

 

 
 

facebook

mini heli club

ログイン

ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録